■このページは2022(令和4)年度開講のサイトです■

※パスワードは初期値に変更されています。 

※利用される先生方へ 

【コース申請について】

既に申請いただいたコースを作成しています。なお、申請フォーマットをメールで送信する際、

旧アドレス(center@seitoku.ac.jp)の運用を停止しましたので、今後は、

新アドレス(center@ [ wa ] .seitoku.ac.jp)へ送信ください。…@の後ろがwa.seitoku.ac.jpになります。

メールで申請された先生で、まだコースの作成が確認できない場合は、上記の新アドレスへ

再度送信ください。

【コース表示の確認】
作成したコースの初期状態は「非表示」(学生から見えない)状態です。準備でき次第、先生方で「表示」状態へ切替をしてください
「管理」内の「コース管理」から「設定を編集する」をクリック
「コース設定を編集する」画面の「コース可視性」を「表示」に変更します。

★お知らせ・ニュースは「最新アナウンスメント」またはサイトアナウンスをご覧ください。

                              


Stitches

<<ご注意>>

Moodleアプリを利用している場合に一部機能が利用できない等の問題があります。

本学のMoodleを利用する際は、ブラウザ(ChromeやSafariなど)を利用してください。

【夜間メンテナンス情報】

毎日夜間メンテナンスが実行されています。そのため、深夜 1:00 ~ 7:00の間はログインできません。

学生マニュアル用ボタン

学生の方の利用方法はこちら

教職員用マニュアル

教職員の利用方法はこちら

 

 


    Cours disponibles

    現代の心理学における主要な理論的立場の一つである認知心理学について、パターン認知、注意、思考、概念、記憶の各分野における重要な研究を紹介し、認知過程に基づく心の理解の現状について講義する。
    【授業の内容と目的】
    私たちのまわりには多くの倫理的問題が存在している。この講義では、社会のある具体的な問題、「生命(医療)倫理」の問題を通して、そうした倫理的問題について考えることができるようになることを目的とする。受講生がそうした社会問題について自ら考えていくことを通して、自分なりの答えを出し、ひいては「倫理的な見方」の本質をつかんでほしい。
    【到達目標】
     ① 受講⽣が⽣命倫理の諸問題について⾃ら考えていくことを通して、その問題についての⾃分なりの答えを出せるようになる。
     ② そうした問題の背後にある、倫理や倫理学の考え⽅を理解することができるようになる。
     ③ 倫理的な善悪の判断において、価値観の多様性が社会にもたらす影響を説明できる。
     ④ 受講⽣は、授業内でリアクションペーパー(短い課題レポート)を書くことによって、⾃分の考えを反省し、表現することができるようになる。
    moodleの授業アドバイスをしっかり読んでください。初回授業は、対面で行います。9月13日5限7422教室で行いますので出席してください。また、moodleに自己登録して下さい。授業担当長江曜子より
    英語Ⅱ再履修の学生の為の授業です。
    火曜日5限、基本的に対面で行います。
    教室は3807教室です。
    担当する聖徳大学名誉教授 吉本恒幸です。よろしくお願いいたします。
    この「道徳教育の指導法」は、共通科目・資格課程科目に位置付けられたものです。
    秋期には開講されませんので注意してください。
    道徳教育の必要性を理解した後に、道徳教育と道徳の授業(特別の教科 道徳:道徳科)との関係、それぞれは何を目的としてどのように行うのかを学びます。
    オンラインで行う場合は、トピックごとに示している画面を見て、考察し、所見を担当に送ってください。(大学の指示で当面はオンラインで行います。)
    オンラインにはいろいろな形態があります。
    この講義でのオンラインの仕方や受講に当たっての注意事項や指示は、トピック①の第1~第5までの画面で示しています。
    必ず読んでください。
    受講を希望する学生は自己登録をしてください。1回目4/6(水)2限の授業はMoodle(オンデマンド)で行います。

    サイトアナウンス

    Groupes séparés: Tous les participants

    【教職員向け】システム管理者からのメール「●●コースでリスクのある学生」について

    par 聖徳大学 システム管理者,

    (教師登録されている方へ)

    Moodle管理者より「●●コースでリスクのある学生」のタイトルで、通知またはメールが届いている場合がありますが、システム側の設定で当該コースに一定期間アクセスの無い登録者がいる場合に送られているものです。

    今期の更新で機能が有効になったものですが、問い合わせにつながるため、一旦この機能を停止しました。既に受信しているメールについて、特に対応は不要です。

    なお、各コースの参加者一覧でアクセス状況(最終アクセスからの時間)がわかりますので、必要に応じてご確認ください。

    以上

    Moodleを利用される先生方へ

    par 聖徳大学 システム管理者,

    ※本件はサイトホームにも掲載している内容です。念のため、こちらでも再掲載します。
    https://selms.seitoku.ac.jp/2022/?redirect=0

    【コース申請について】

    既に申請いただいたコースを作成しています。なお、申請フォーマットをメールで送信する際、
    旧アドレス(center@seitoku.ac.jp)の運用を停止しましたので、今後は、
    新アドレス(center@ [ wa ] .seitoku.ac.jp)へ送信ください。…@の後ろがwa.seitoku.ac.jpになります。

    メールで申請された先生で、まだコースの作成が確認できない場合は、上記の新アドレスへ
    再度送信ください。

    【コース表示の確認】
    作成したコースの初期状態は「非表示」(学生から見えない)状態です。準備でき次第、先生方で「表示」状態へ切替をしてください。

    「管理」内の「コース管理」から「設定を編集する」をクリック
    「コース設定を編集する」画面の「コース可視性」を「表示」に変更します。

    メンテナス終了しました

    par 聖徳大学 システム管理者,

    予定しておりましたメンテナンス作業が終了いたしました。

    現在、教職員の利用が可能です。

    学生データについては他のシステム更新にあわせて登録を行うため、現在は在学生・新入生のログインはできません。
    3月末までに登録、利用可能になる予定です。

    ■教職員のコース申請■
    現在も受付中です。
    順次作業いたしますが、3/26~30の申請は31以降の登録になります。

    ■その他■
    3/10(木)にActiveAcademyからご案内させていただいた資料もご確認ください。

    以上

    Sujets antérieurs...